音素のケーブルは、導体の違いによる音質の違いに着目し、数種類の導体を撚り合わせるハイブリッド構成で、音のバランスを探求しています。
長年に亘り、オーディオケーブルに採用されている日本の金属メーカーが製造する導体の中から、シリーズごとのコンセプトにあわせ、数種類の無酸素銅(銅純度99.99%以上) を選択しています。無酸素銅は、汎用のケーブルに使用されるTPC(タフピッチ銅/銅純度99.9%程度)よりも耐脆化性、耐屈曲性に優れる信頼性の高い導体です。
音素では、OFC, PCOCC, PCUHD, HiFC, 6N-OFC, 銀メッキOFC といった多種の導体を使用し、個々の導体の特徴をいかして細やかな設計を行っています。
--------
OFC :銅の純度99.99%以上の無酸素銅(4N)。
PCOCC :古河電気工業が開発した単結晶状高純度無酸素銅。純度99.997%以上の4N銅。既に生産終了。
PCUHD :PCOCC導体の生産終了に伴い、古河電気工業が開発した高純度無酸素銅線。純度99.99%以上の4N銅。
HiFC :日立金属が生産する高機能純銅。純度99.99%以上の4N銅。
6N-OFC :純度99.9999%以上の高純度無酸素銅。
--------
端子類は、信頼のおけるコネクタメーカーのパーツを採用するとともに、仕様に合わせてカスタマイズされています。

  • sumally