音素のケーブルでは、導体が音を左右する大きな要素になります。
長年に亘り、オーディオケーブルに使用されている日本の金属メーカーが製造する導体の中から、シリーズごとのコンセプトにあわせ、数種類の無酸素銅(銅純度99.99%以上) が採用されています。無酸素銅は、汎用のケーブルに使用されるTPC(タフピッチ銅/銅純度99.9%程度)よりも耐脆化性、耐屈曲性に優れる信頼性の高い導体です。
音素では、導体の違いによる音の違いに着目し、個々の特徴をもつ導体を数種配列するハイブリッドタイプでバランスの良い音をめざしています。採用している導体は、OFC, PCOCC, PCUHD, HiFC, 6N-OFC, 銀メッキOFCなど多種です。
--------
OFC :銅の純度99.99%以上の無酸素銅(4N)。
PCOCC :古河電気工業が開発した単結晶状高純度無酸素銅。純度99.997%以上の4N銅。既に生産終了。
PCUHD :PCOCC導体の生産終了に伴い、古河電気工業が開発した高純度無酸素銅線。純度99.99%以上の4N銅。
HiFC :日立金属が生産する高機能純銅。純度99.99%以上の4N銅。
6N-OFC :純度99.9999%以上の高純度無酸素銅。
--------
端子類は、信頼のおけるコネクタメーカーのパーツを採用するとともに、仕様に合わせてカスタマイズされています。

  • sumally